元カノと体の関係を作ってはだめというけど

相手に気づかれないで誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、必要となる機材や技術があります。

浮気の現場をカメラにおさめても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠として扱われません。

浮気調査を探偵に依頼した場合は、超小型の機材を使い相手が知らない間に顔がはっきり判る写真を撮ることができます。

浮気の調査を探偵に任せ、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。

信頼のできなくなったパートナーとこの先の長い時間を一緒に過ごすことは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。

あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求したならば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。

まず探偵について見てみるならば、誰かに不審に思われないよう慎重に慎重を重ねて粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、まず身分を明かしておいて正面からの調査を行う傾向にあります。

そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と、おおまかには考えられます。

成功報酬の難しいところは、もし、浮気調査の依頼したとすると、その際の調査期間が3日間だったとすると調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査は成功したということになってしまいます。
イエウール

本当は浮気をしているという場合でも、調査中に浮気が見つけられなかったら、浮気の証拠がつかめないまま、調査についてはそこで完了し、成功報酬としての料金を請求されます。

法律の中では、婚姻関係にある人が自分から夫婦ではない異性と男女の関係にいたることを不倫とよびます。

つまり、法律的にいうと、性的に親密な関係ではなかったなら、食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではありません。

自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。

どれだけの人が調査に加わっているのかというと、調査によって一定とは限りませんが、調査に行くのは2人程度なんだそうです。

2016年12月2日 コメントは受け付けていません。 未分類